築年数はリフォームの価格に影響するの?気になる疑問にお答えします!

>

場所別のリフォーム

外壁、屋根、窓や建具について

まずは外壁ですが、立地条件や外壁の素材によっても時期は異なってきますが、10年から15年ごとにはメンテナンスが必要となるでしょう。
外壁は単に見た目の問題だけでなく、建物の中心となる柱が浸食されるのを防ぐとい重要な役割があります。
劣化が見られ始めたら、なるべく早くリフォームを考えましょう。

次に屋根ですが、こちらも家を守るための重要な部分となります。
よく言われるのは10年で塗装、20年で葺き替えです。
特に屋根に関しては自身での確認が難しい個所となりますので、上記のタイミングで業者へのチェックを依頼すると良いでしょう。

そして窓や建具についてですが、おおよそ20年~30年でもリフォームが必要となります。
もちろんこの時期までにも使い勝手が気になるようなら、早めの修繕をおすすめします。

水まわり、ガスまわり、内装について

水まわりやガスまわりについては、使用頻度も高く、急に壊れてしまうと生活への支障も大きいかと思いますので、できれば5年、遅くとも10年経過したあたりから定期的なメンテナンスを行いましょう。
特に水まわりに関しては、見た目には分からなくても実は土台や下地材が腐食していることもあります。
まだ傷や汚れなどが気になっていなくても、目安の時期を迎えたら、まずは一度業者に点検してもらうことをおすすめします。

内装に関しては、その部屋の用途や使い方、使用頻度などの個人差が大きい部分ですので、目安の時期が提案しにくい個所となります。
汚れや傷などが自身で気になりだしたら、順次予算に合わせてリフォームを考えると良いでしょう。